フルリモートでスクラムやってみての感想

2020-04-18

完全フルリモートでスクラム開発をしていて思った所感をメモする。

前提

  • 1スプリント1週間
  • チーム全員が自宅からのフルリモートの状態
  • スクラムといってもLESSというフレームワークを使って2チーム制で開発している。

環境

自粛ムードになるちょっと前ぐらいから週4リモート週1出社というスタイルを取っていたのでリモート慣れはしていたが、今後続く可能性もあるとのことだったので、以下を購した。

  • LG モニター ディスプレイ 32ML600M-B 31.5インチ
  • サンワダイレクト シンプルワークデスク
  • サンワダイレクト バランスチェア

結果こんな感じになった。

開発中は特に問題なく作業できている。

ただ、元々部屋が狭いので家族が近くにいたりする。MTG時や、子供が昼寝する時間などは部屋を移動したりして、対応するしかないのは若干のストレスだ。

コミュニケーション

  • 基本的にはSlackを使って行っている(朝のデイリースクラムや簡単な仕様相談などもSlackの通話機能でやっている)
  • スクラムイベントのMTGについてはハングアウト。
  • それ以外に雑談タイムや、15時になったらおやつタイムなどをハングアウト上で行っている。

※zoomも用意されているが諸事情によりあまり使われない。

対面時と比べてコミュニケーションが、取りにくいというのは自分は大きな違いは感じなかった。

ただチームメンバー内では「急に質問するハードルが高くなった」「チャットだと言葉尻がキツく感じる」「認識のズレがおきそう」などの課題も出た。Tryとしては

  • 「質問が来ること自体はチームメンバーが全員がウェルカムな環境」という共通認識を持つこと。
  • スタンプを多めに使うや、出勤退勤時今日の自分の調子を天気で表現してみる。
  • 認識のズレが起こりそうなら通話に切り替える

など様々なアプローチを取ることで少しでも心理的安全性を高める努力をしていく。

スクラムイベント

スプリントプランニング

対面の時と特に変わらず出来ていると思う。別途メンバーに本スプリントで対応するストーリーで相談したいことがある場合は、そのまま通話を続けるなどして早め早めの対応が求められる。

デイリースクラム

  • 毎朝の進捗報告などで、しっかりと行う。
  • この時点でチーム内でヘルプが必要かなどを確認する。

リファインメント

エンジニアは任意参加なので出なくてもよい。不参加の場合は開発に専念できる。

参加した感じ画面共有を駆使しながら行えば特に対面時の時と変わらず会議はしていた。

ストーリーにポイント見積もりする際、対面時は指を出してポイント見積もりしていたがオンラインの場合、特にハングアウトだと画面分割に収まらない人が出てきて一斉に見積もりを確認できないため、共通のスプレッドシートを用意してプルダウンでポイントを選ぶようになった。特にやりにくさはない

POのリリース判断

PO受け入れというイベントがあり、スプリント内で開発した成果物のデモをしてリリース判断をPOに確認してもらうMTG。場合によってはリリースできないという判断もPOが決定する

デモする人が画面共有して説明するやり方は対面時と特に変わらないので問題はない。ただし回線の問題などで動作が遅くなったりする可能性が考えられるので予め画面録画しておくとよさそう。

リリース作業

手順が完結かつ自動化されているため1人でもリリース作業が可能。

ただし何かあった時のために画面共有はしておき必要に応じてチームで対応するのがよさそうと感じた。

レトロスペクティブ

チームと全体のレトロがありそれぞれ毎週行っている。

上記同様特に大きな問題はないが、発言のしにくさは人数が増えるとどうしても起きるのかなと思っている。またリアクションもハングアウトの場合、チャットしかないのでツラい。全体で振り返るときは対面の方がいいのではと感じた。

普段の開発

  • 普通に出勤していた時からポモドーロで開発していたが、よりポモドーロするようになった。
  • バランスチェアが結構自分にはフィットしていてポモドーロ4回(2時間まで)続けても座れるが、それ以降は一回立ち上がらないと膝が痛くなる。
  • 子供が机や椅子の近くに寄ってくる場合もあるがそこまで集中力が切れることはない。

まとめ

  • 出社時と比べて開発の生産性はやや高いと感じる。
  • MTG時に発言していないけどマイクオンのままになっている人がいるときめちゃくちゃ気になる。
  • MTG時は発言以外はマイクは絶対ミュートにすることを徹底したい。

    • 確かzoomだとスペースキー押している間は、ミュート解除あった。
  • なるべくレスは早く!

ソースコードはこちらのリポジトリにあります。

Google Analyticsを使っています。